スピリチュアル復縁占いで冷却期間中に元彼に新彼女ができてしまうケースを防ぐ

スピリチュアル復縁占い

復縁では、成功率を上げるために自分と彼の頭が十分冷えるだけの期間をまずはじめの段階でとるのがセオリーといわれています。
けれども誰もがここで「でもそれじゃ……」と心配になることがあるはず。
それは、会わないでいる間に彼に別の彼女ができてしまうかもしれないということです。

1.可能性としては高い

これが現実です。
男性というのは本来とてもさみしがりや。
結婚をせずに完全に自立した女性はいても、結婚もしない、女性ともつきあわないなんて男性はまずみかけません。
女性とつきあうということは男性にとって自分の価値を確認する意味もあるので、あなたと別れていくらか自信を失っているところに、好きといってくれる女性が現れたらどうなるでしょうか。
答えは目に見えています。

2.しかし「彼女が欲しくなる」タイミングはチャンスでもある

彼が1人ではいられなくなってきたタイミングは、新しい彼女ができやすいと同時に、復縁においてもチャンスといえます。
ですからあなたとしては「彼の気持ちが彼女を作る方向に向いてきて、かつ他の女性のアプローチを受ける前」という微妙なタイミングを読み切れば勝ちです。
でも、そんなことできるのでしょうか。

3.復縁占いならどんなに詳細なタイミングでも読みきれる

このタイミングを確実に外さないためには、彼だけでなく、彼の周囲の人たちの気持ちの動きや運の強さ、行動までをも把握しなければなりません。
自分1人ではそんなことは到底無理ですが、ほんの数十分の時間と電話さえあれば、復縁占いのプロフェッショナルが、かなり微細な部分まで、しっかりとアドバイスをしてくれます。
まさに復縁占いを利用するかしないかが明暗を分けるのです。

おわりに

いくら復縁占いでも、過ぎてしまったことを戻すには限界があります。
彼に彼女ができてしまう前、できるだけ早く復縁占いを利用して、復縁アプローチに最適なタイミングを、余裕をもって迎えられるようにしたいものです。

タグ

2014年2月9日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:復縁

ラウンジのホステスさんに本気になってしまった同僚

会社の同僚のことです。

その彼は、20歳頃から髪の毛が薄く、趣味もオタクっぽいことから、

女性には全く縁がありませんでした。

現在、34歳です。

ですが、女性に興味が無い訳ではなく、縁があればお付き合いし、結構願望も強う方です。

私と彼は、関西の事業所から転勤で九州の事業所に引っ越して来ました。

彼は、当然独身で一人暮らしです。

前述のように、30年以上女性とは縁がなかったからでしょうか、

免疫というものが全くないようでした。

ある日、単身赴任の方と初めて、ラウンジに行きました。

お店では、ボックス席に女性がついてくれ、楽しく話してくれます。

免疫のない彼は、その女性と話して楽しかったことから、いきなり好きになってしまいました。

女性も仕事ですから、固定客がつけば、自分の歩合給もあがります。

それにまんまと彼ははまってしまったようです。

その女性から、毎日のように携帯メールでお店への誘いがあります。

そうすると、彼は、何を置いてでも、お店へ出かけてしまいます。

そうこうしているうちに、その女性の出勤日にはいつも、お店へ通うようになっていました。

そして、それは、だんだんとエスカレートして行き、同伴出勤、

アフターまでするようになっていました。

彼女の方も、それらしく想わせぶりに彼のアパートに行き、

簡単な手料理を作ったりしたことが数回あったようです。

女性に免疫のない彼は、そんなことをしてもらうと完全に自分に好意があると思い込んでしまいます。

毎日のように、同伴出勤とボトルキープにフルーツ盛り合わせと言うおきまりのパターンにはまってしまいました。

彼は、純粋に彼女のことが好きで、お金を使って通い詰めてたのです。

そしてとうとう、結婚を前提のお付き合いを申し込んでしまいました。

やはり予想通り、丁寧にお断りされてしまいました。

彼は傷つき、とても可哀想でしたが、私達は、彼女の常連客でなくなることができて良かったと安心しました。

同僚の彼は、可哀想ですが、世の中はそんなに甘いものでないことが分かり、

女性に対する免疫もちょっとはついたかなと思っています。また、多少は成長してくたかなとも。

会社の同僚のことです。

その彼は、20歳頃から、髪の毛が薄く、趣味もオタクっぽいことから、

女性には全く縁がありませんでした。現在、34歳です。

ですが、女性に興味が無い訳ではなく、縁があればお付き合いし、結構願望も強う方です。

私と彼は、関西の事業所から転勤で九州の事業所に引っ越して来ました。

彼は、当然、独身で一人暮らしです。

前述のように、30年以上、女性とは縁がなかったからでしょうか、免疫というものが全くないようでした。

ある日、単身赴任の方と初めて、ラウンジに行きました。

お店では、ボックス席に女性がついてくれ、楽しく話してくれます。

免疫のない彼は、その女性と話して楽しかったことから、いきなり好きになってしまいました。

女性も仕事ですから、固定客がつけば、自分の歩合給もあがります。

それにまんまと彼ははまってしまったようです。

その女性から、毎日のように携帯メールでお店への誘いがあります。

そうすると、彼は、何を置いてでも、お店へ出かけてしまいます。

そうこうしているうちに、その女性の出勤日にはいつも、お店へ通うようになっていました。

そして、それは、だんだんとエスカレートして行き、同伴出勤、アフターまでするようになっていました。

彼女の方も、それらしく想わせぶりに、彼のアパートに行き、

簡単な手料理を作ったりしたことが数回あったようです。

女性に免疫のない彼は、そんなことをしてもらうと完全に自分に好意があると思い込んでしまいます。

毎日のように、同伴出勤とボトルキープにフルーツ盛り合わせと言うおきまりのパターンにはまってしまいました。

彼は、純粋に彼女のことが好きで、お金を使って通い詰めてたのです。

そして、とうとう、結婚を前提のお付き合いを申し込んでしまいました。

やはり、予想通り、丁寧にお断りされてしまいました。

彼は傷つき、とても可哀想でしたが、私達は、彼女の常連客でなくなることができて良かったと安心しました。

同僚の彼は、可哀想ですが、世の中はそんなに甘いものでないことが分かり、

女性に対する免疫もちょっとはついたかなと思っています。

また、多少は成長してくたかなとも。

タグ

2014年2月9日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:恋愛

このページの先頭へ

イメージ画像