彼をドキッとさせて彼の気持ちを鷲掴みにする方法

男性にとって、ドキっとする女性の行為とは、どんなものなのでしょう。

もちろん、男性全てば同じように感じるものではありません。
ここでは、あくまでも一般的な意見を挙げてみましょう。

●さり気なく腕をつかまれる
一緒に歩いているときに、女性からふいに腕をつかまれたり、絡ませて来られると男性は優越感を感じ、「可愛いな」と思います。

●髪の毛から漂うシャンプーの香り
強い香水の香りなどには、嫌悪感を表す男性も、すれ違ったときや何気なく髪を直したとき、フワッと漂うシャンプーの香りには良い印象を持ちます。

●すれ違いざまに目が合う
通りすがりの見ず知らずの女性、つい目をそらしてしまう男性が多いようですが、心の中ではかなり喜んでいます。

●上目使いで見つめられる
同性には少々評判の悪い、「上目使いで見つめる」という行為、じつはこれが好きな男性は非常に多いです。

●大勢の集まりで声をかけられる
「すいません、名刺交換してもらえますか?」こんな一言でも、不意に言われるとドキッとします。場が場ですから、平常心を装ってはいるものの、心は舞い上がっています。

●会話中のボディータッチ
話の流れで、思わずさり気なく触れてしまった、という印象のボディータッチは男心をくすぐります。しかし、これはやり過ぎは逆効果、ベタベタし過ぎは禁物です。

●「彼女いるんですか?」
男性というのは単純な生き物です。この言葉一つで、「この子は俺に興味がある?」という気になります。相手が自分に興味を持っているかもしれない、そう思えば、自然と意識するようになるものです。

●「〇日空いてますか?」というメールタイトル
誘いや相談のメールが来ると、そのタイトルを見た瞬間に気持ちが盛り上がるのが男性というものです。特に、最近アプローチし始めた女性からのメールには、敏感に反応します。

●酔っ払って頼ってくる
酔っ払った女の子を介抱している男性は、少々めんどくさそうに見えますが、実はドキドキしているものです。

●「背中のファスナー閉めて」
女性は、嫌いな男性には触れられたくないもので、それは男性も重々承知しています。この言葉は嫌われてはいない、ということの証明のようなもの、嬉しくない男性はいません。

他にも、足を組み替える瞬間、かがんで胸元がチラっと見える、隣り合って座っていて、膝と膝が触れる、これらはもう説明はいらないでしょう。

多くの男性に聞いてみたところ、以上のような答えが得られました。
やっぱり、男って単純ですね。

タグ

2013年9月16日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:恋愛

好きなら付き合おうって言ってほしい。男が言わない本音とは?

付き合おうと言ってくれない

バイト先や職場、いつも行くお店の人など、出会いのチャンスは結構転がっているものですが、片思いから両想いになるのは大変難しいものです。

電話番号やメルアドを交換し、ふたりで遊びに行くようになってなどの過程を経て、ようやくいい感じの雰囲気なって、空気からも私に好意を持ってるなと判る瞬間がやって来ます。

そしていよいよ告白されて、こちらからも好きだと伝え・・・コレからお付き合いが始まるんだなとワクワクしていたのに、男性からの「付き合おう」の一言が無くて、宙ぶらりんな関係のままだという人は結構いるのです。

そこで、好きだと言うわりには付き合おうとは言ってくれない男性心理を考えてみましょう。

1・友達以上、恋人未満な関係が都合がいいと思っている

彼女がいると何かと自分中心の予定が立てられないし、メールや電話も定期的にしなきゃいけないと思っているのかもしれません。女性側からしたら、こんな曖昧な関係は辛いだけですが、自分の事を想ってくれる女性はキープしつつ、自分の好きなようにやっていきたいと考えている可能性があります。

告白されて、定期的に会ったりはするのに「好き」としか言わずに付き合おうの言葉を出してこない場合、あなたを手元においておきたいだけかもしれません。

2・好きだけど、付き合ってほしいまでは言わない草食系男子

勇気を振り絞って告白してみたはいいけれど、付き合って自分が幻滅されたくない、されるくらいならずっと曖昧なままの関係でいいやと思っているのかもそれませんし、本当に付き合いたいのかもはっきりしません。自分が傷つくのが怖いというパターンなら、女性の方から付き合おうと言えば、お付き合いできると思いますが、草食系の場合、告白したこと事態がうやむやになってしまうかもしれませんので、要注意です。

3・セフレとしてキープしておくつもりかも

一番男性の本音に近い関係がこれかもしれません。男の人の中には「好き」という言葉を平気で吐ける人がいます。好きではないけど、身体が好みなのでそのままの関係でいる、今付き合っている彼女はいるけど、その彼女と会えない間の代わり、つまりは2号としてキープされている可能性も・・・こういう男性は、自分の私生活は絶対に見せませんし、自分のテリトリーである自宅へもあまり寄せ付けません。連絡も都合のいい時だけで、目的が終わるとさっさと帰ってしまう・・・思い当たるところがあれば、早く手を切ってしまう事をオススメします。

最初はもどかしいだけかもしれませんが、このような関係が続けば心身供に疲れてしまいます。好きだからと思うとなかなかふんぎりがつかないとは思いますが、何らかのアクションを起こして現状を打破する必要がありますので、ちゃんと問いただしてみて、逃げられるようなら新しい恋愛に踏み切ることが大切だと思います。

タグ

2013年9月4日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:恋愛

このページの先頭へ

イメージ画像