スピリチュアル復縁占いで冷却期間中に元彼に新彼女ができてしまうケースを防ぐ

スピリチュアル復縁占い

復縁では、成功率を上げるために自分と彼の頭が十分冷えるだけの期間をまずはじめの段階でとるのがセオリーといわれています。
けれども誰もがここで「でもそれじゃ……」と心配になることがあるはず。
それは、会わないでいる間に彼に別の彼女ができてしまうかもしれないということです。

1.可能性としては高い

これが現実です。
男性というのは本来とてもさみしがりや。
結婚をせずに完全に自立した女性はいても、結婚もしない、女性ともつきあわないなんて男性はまずみかけません。
女性とつきあうということは男性にとって自分の価値を確認する意味もあるので、あなたと別れていくらか自信を失っているところに、好きといってくれる女性が現れたらどうなるでしょうか。
答えは目に見えています。

2.しかし「彼女が欲しくなる」タイミングはチャンスでもある

彼が1人ではいられなくなってきたタイミングは、新しい彼女ができやすいと同時に、復縁においてもチャンスといえます。
ですからあなたとしては「彼の気持ちが彼女を作る方向に向いてきて、かつ他の女性のアプローチを受ける前」という微妙なタイミングを読み切れば勝ちです。
でも、そんなことできるのでしょうか。

3.復縁占いならどんなに詳細なタイミングでも読みきれる

このタイミングを確実に外さないためには、彼だけでなく、彼の周囲の人たちの気持ちの動きや運の強さ、行動までをも把握しなければなりません。
自分1人ではそんなことは到底無理ですが、ほんの数十分の時間と電話さえあれば、復縁占いのプロフェッショナルが、かなり微細な部分まで、しっかりとアドバイスをしてくれます。
まさに復縁占いを利用するかしないかが明暗を分けるのです。

おわりに

いくら復縁占いでも、過ぎてしまったことを戻すには限界があります。
彼に彼女ができてしまう前、できるだけ早く復縁占いを利用して、復縁アプローチに最適なタイミングを、余裕をもって迎えられるようにしたいものです。

タグ

2014年2月9日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:復縁

自分から振った彼氏と復縁した姉御肌の友人の恋愛体験談

キレイで姉御肌のAちゃん。

好きな人ができてアプローチするも特定の彼氏のポジションにはなかなかおきません。

Aちゃんのタイプは年下で細身の守ってあげたくなる子。

道行く人、飲み屋のスタッフ、コンビニの店員、ところ構わず気に入れば声をかけます。

自分があまりにも姉さんタイプ過ぎて自分が甘えることがとても苦手なのが事実です。

なので、

「彼氏にはしないでかわいい弟タイプの男の子を見つけては癒される。」

のがAちゃんの楽しみでした。

なので中にはAちゃんの気持ちとは裏腹に本気になってしまう男の子もいてひと悶着、

なんてことも多々。

でもAちゃんの年下に求めていることは彼氏という存在ではないのでとても割り切ったものです。

癒されてる代わりに、

「女性がどうしたら喜ぶか。」

「どう付き合っていくべきか。」

次に付き合う女性にいい男として見られるための心得を伝授していました。

なので久しぶりにその男の子たちに会うと、

「甘えん坊なベースは変わらずも思わぬ気遣いのできる子」

に変わっていてびっくりします。

でもAちゃんは前記のとおり、甘えたいのです。

それを感じるとまた年下の男の子に走ります。

でもある日、いつしか自分がいやされて巣立っていった男の子に再会します。

何かを感じたのか男の子はその夜連絡をしてきて飲み屋で会うことになりました。

すっかり大人になった彼にAちゃんは今までと違う思いが生まれます。

『珍しくドキドキが止まらない。』

彼も姉御肌のAちゃんとは思えない様子に気づき立場逆転。

Aちゃんは別れた事を非常に後悔したそうです。

積極的に元彼に連絡を取ることで、ついに彼との復縁が成功しました。

10年ぶりのAちゃんの特定の彼氏。

いままでの姉御っぷりがウソのように自然と甘えるAちゃんがいまとても幸せそうで嬉しい限りです。

タグ

2012年11月18日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:復縁

片思いここに極まれり!ラブレターを11通送った男の恋愛話

彼女と知り合ったのは、大学の研究室に入ったときだった。

やたらと顔が美人で、後輩の面倒見の良い、愛想の良い女性だった。

研究者としても優れていて、実験の成果も上々の先輩だった。

 

私は、顔の綺麗な女を信用できないたちだったが、

大学時代を通して、他に好きになれる女性もいなかったので、

実験の世話をまめにしてくれる彼女を、すぐに好きになった。

 

しかし、晩生の私は、なかなか告白も出来なかった。

結局、卒業するまで、自分の気持ちを伝えることが出来ず、私も、そのまま諦めかけた。

 

私が大学院に進んで研究しているとき、彼女が勤務先の企業から、

大学のセミナーを聞きに戻ってくることがあった。

また、学会などでも、同じ研究分野なので、よく出会った。

 

それで、その度に、燃える思いを再燃させてしまうので、

卒業者名簿を見て、彼女の電話番号を調べ、電話した。

留守電だったので、メッセージを残して切った。

 

すると、何日かして、実験中の研究室に、彼女から電話がかかってきた。

なかなか連絡が取れないので、この時しかないと思って、みなが研究する横で、

「好きです、付き合ってください」

と言った。しかし、答えは、芳しくなかった。

それでも、諦めの付かない私は、彼女にラブレターを書いた。

10章にも上る冗長でもったいぶってて、格好付けでかしこぶっているとんでもないラブレターだった。

それを読んだか読まずか、彼女はそのことを大学に公表してしまったのである。

後輩が、私を、好奇の眼でみて、噂した。皆に莫迦にされた。

私は、そうやって、その先輩を諦めざるを得なかった。

そのあと、

未練たらしい私は、ラブレターを11通送ったが、彼女は振り向かずして終わった。

今となっては、懐かしい思い出である。

タグ

2012年11月4日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:復縁

復縁は出来ます!復縁のためには何をするべきか?

復縁は出来ます

一度別れてしまった彼とよりを戻すのは容易なことではありません。
彼の気持ちを確かめたいが方法がわからない。
彼が何に対して不満をもっているのか彼の本当の気持ちが知りたい。
本当に私のことが嫌いになってしまったのか?もう希望が持てないのか知りたい。
そんな方のために私たち専門の鑑定士がいます。
どうか無理だと絶望せずお気軽にご相談ください。
私たちはあなたの味方です。

+—復縁って本当にできるの?
一度壊れた関係を修復するのは難しいと思われますが、手順を踏み彼の求めるものがわかれば可能です。

+—彼の気持ちがわからないのですが…
彼の気持ちを確かめるすべは色々ありますが個人の力には限界があります。私たち復縁専門の鑑定士が彼の深層心理を見抜きます。

+—自分自身の気持ちもまだわからない
自身のことを見つめるのも復縁には重要な要素です。私たち鑑定士はそんなあなたの深層意識も鑑定いたします。

+—彼と本当に復縁するのが正しいのかわからない
あなたと彼の運命的繋がりも鑑定することが可能です。彼よりも運命的繋がりが高い方がいるのかも鑑定できます。

+—彼とやりなす資格は自分にはないのではではないかと悩んでませんか?
一度結ばれた関係はそう簡単に完全に断ち切れるものではありません。あなたに復縁の意思があるならば私どもは全力で協力します。

タグ

2012年7月12日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:復縁

上手く行く結婚

よく「似たもの夫婦」という言葉を聞きます。好きなものや行動がそっくりで、仲がいい夫婦というのは、はたで見ていてもとても幸せそうに映ります。
長年寄り添った男女は、顔つきも含めてよく似てくるといいますが、このような似たもの夫婦というのは、長い期間連れ添ばできあがる、というわけではありません。長期にわたって仲の良い、安定したこうしたカップルはパートナー選びからしっかり相手を判断しているのです。

ある心理学者が200組のカップルを調べた結果、長期にわたって良好な関係を維持していたカップルは、興味、性格、役割分担、価値観、宗教信条など、多くの項目について考えの一致していませんでした。

この調査結果は、普通に考えて自然な結論であると考えられます。つねに対立や口論を繰り返しているのでは、精神的に負担が大きく、生活にも支障が出ます。自分と似ている価値観や考えの相手を選ぶからこそ関係は上手く続き、長く気持ちを通わせ合うことができるのです。
そんな時には、復縁占いとかも効果的ですよ。

つりあい、という意味で言えば、学歴が極端に違うカップルや、どちらか一方が「この相手では、自分のほうが損をしている」と強く感じるような場合もまた、二人の関係は上手くいきません。自分のほうが優位であると感じているパートナーのほうが、一方にたいして尊大な態度になったり、相手の自尊心を傷つけるような言動をすることが増え、摩擦の多い関係となりがちだからです。

タグ

2012年3月6日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:復縁

復縁の告白で守るべきルール

復縁の告白をするときに必ず守ってもらいたいルールがあります。
それは告白を断られた時に、押しの一手にならないこと。
待つ姿勢も大切です。とはいえ、押したほうがいい時もないわけではありません。
ですから、ここでは相手がノーの時に、引いて次の機会を見たほうがいいケースと、再度押してみたほうがいいケースについてお伝えします。

引いたほうがいいケース

①告白を早まった場合
相手と上手くかみ合わないまま何となく告白をしてしまった場合は、サクッと引いて、再度関係を良好ににしてからやり直したほうがいいでしょう。

②彼が気持ちの問題以外で迷っている場合
今の彼女と完全に切れておらず、まだゴダゴダしている状況のとき。
そんなときはあなたと付き合うのが嫌なのではなく、きちんとしてから付き合いたいという気持ちがあります。
そこで押してしまうと、別れたくないと言っている彼女と同じレベルに思われてしまいます。するとあなたのことも面倒に感じてしまいます。
そんな時は一度引いて、彼の身辺が片付くの待ってからにしたほうがいいでしょう。

③タイミングが合わなかった場合
彼が恋愛以外での問題を抱えていて、いまは潔い決断をできないときもあります。そんなときにあなたが復縁を急かしてしまうと、彼の問題を増やす事になってしまいます。ですから、そんなときは一旦引いて彼を見守る姿勢を見せましょう。
そのほうが彼もあなたのことを信頼し後の復縁につながります。

もう一度押したほうがいいケース

①彼が優柔不断で流されやすいタイプの場合
あまり自己主張せず、あなたの意見を穏やかに聞き入れるタイプの彼であれば、もう一押しで彼がOK
する可能性が高いです。仮に渋ったとしても、ノーではなく考えているだけなので、思い切って笑顔で「付き合おう」と言ってみましょう。
あなたの笑顔に彼もOKすると思います。

②あまのじゃくで素直でない彼の場合
このタイプの男性は、OKしたくても素直に言わないことがよくあります。あなたが引いてしまうと、彼も素直ではないので、「別にやり直さなくてもいいんじゃん」のように、話がおかしな方向へ流れる可能性があります。
このような男性には「いいじゃん。決定!」と言い切ってしまったほうが、案外「しょうがないなぁ」と言いつつOKしてくれるでしょう。

タグ

2012年3月4日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:復縁

着信拒否からの復縁

あなたは相手と連絡が取れていますか?
あいてから返信がないにしても、あなたのメールはちゃんと届いていますか?
なかには着信拒否をされてしまった方もいるかも知れませんね。
そのような人は、おそらく別れる時にかなり反発をして、彼に面倒に思われている可能性が高いです。

何とか連絡を取ろうとして、非通知や友人の携帯から電話をする方もいますが、それははっきりいって逆効果です。
むしろ、そこまで必死なあなたに、相手は引いてしまいます。
ですから、絶対に強引に連絡を取ろうとしないでください。

復縁にかぎらず、恋愛は相手ありきのことです。ひとりでは恋愛をすることはできません。
ですから、何よりも相手の気持ちを尊重することが大切です。
相手が着信拒否をした理由はなんでしょうか?
あなたは答えを知っていると思うのです。
辛い事ではありますが、今はあなたと連絡を取りたくないからですよね。

その彼の気持ちを考えると、今あなたが何とか連絡を取ろうとすることは、はたして正しい行動なのでしょうか。

そこまで嫌われてしまうと、もう復縁できない…と思うかもしれません。
しかし、人の気持ちは振り子と同じです。
振り子は大きく左に揺れたなら、その分大きく右にゆれるのです。

つまり、相手は今あなたを嫌いになっているかもしれませんが、後に大きな愛情を取り戻す方向に揺れる可能性も高いです。
ゆっくり時間をかけていけば大きな愛情を取り戻すこともできると思います。
そのためには、今は無理に連絡を取ろうとしないことが大事になってきます。
その間に他の方の復縁体験談を読んでみる事をすすめます。

タグ

2012年3月4日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:復縁

振った場合の復縁で注意しなければならない3つのこと

「自分から振ったけど復縁したい」という場合での注意しなければならない3つの問題があります。

①相手は裏切られたという気持ちが強い
②辛い失恋を乗り越えたのにいまさら都合がよすぎると思われる
③振った側は簡単に復縁できると思っている

まず③についてですが、あなたは自分から振ったので、相手はまだ自分に気があるのではないかと思っています。
好きまでとはいかずとも、悪く思ってはいないだろうという気持ちが心の片隅にあります。
というのも、あくまでも関係を終わらせたのは自分であり、自分が二人の関係を決定出来ると勘違いしているからです。

しかし、実際は①、②のように、相手の気持ちは離れています。
そのことをわからないままとりあえず押してみようとすると、余計に嫌われることも考えられますよね。

彼はあなたに突然捨てられたことで、裏切られた気持ちも大きいです。つまり、あなたはの信用はなくなっていると考えて下さい。
ですので、自分が振ったからといって簡単に考えてはならないと思うのです。

まずは謝ること
このようなときはまず何をすべきなのか。
何よりも大切なのは、いきなり復縁を迫らないこと。
まずは気軽な異性の友達という雰囲気で、距離を縮めていくことが大事です。
ただ、振られたことを根に持っている場合は、なかなか受け入れてくれません。
まずは「自分が間違っていた」ということを心から謝罪することが大切です。
その際には「謝罪する=復縁の申し出」にならないように。
「あのときは自分のことしか考えてなくて、ひどいことをしたなぁと思う。ほんとにごめんね。とても反省していて、次の恋人はもっと大切にしようと思っている。〇○○にも幸せになってほしいな。」というように、復縁を迫る気がないことを明るく伝えておいた方がいいでしょう。
基本的に別れのことに触れるのは好ましくないのですが、この場合は「自分が間違っていた」と伝えることで彼の優位性が確立されます。

つまり、振られて気分の悪かった彼も、多少気分をよくしてくれるはずです。
また、彼には、せっかく立ち直ったのに、また心をかき乱されるたくないという気持ちもあるとおもいます。
復縁をする気がないことを伝えることで、彼のその警戒心を解くこともできるでしょう。

復縁方法

タグ

2012年3月4日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:復縁

偶然が続けば運命になる

学校のクラスメイトや職場の同僚など、恋をする相手は近くにいる場合が多いようです。
だから復縁相談はなくならないのです。
「幸せは意外にも近くにあった」というのは、恋愛の一つのパターンですが、これには心理的な理由があります。

ある心理学の実験で、同じようなルックスの四人の女性に、大学の聴講生になってもらいました。四人はそれぞれ授業に出席する回数にバラつきがあります。
さて学期の終わりに、男子学生たちに四人の写真を見せ、一番魅力的な人は誰か、と尋ねたところ、出席日数が一番多い女性を選んだ人が最も多い結果になりました。

これは単純接触の効果といって、会った回数の多い人ほど無意識に好意的に感じる事を証明した実験です。多くの人が、身近な異性を恋人や結婚相手に選んだりするのは、ただの偶然ではありません。単純接触の効果によって、相手に恋心うを抱いていったからです。

片思いも相手がいたらなるべく顔を合わせる回数を増やすといいでしょう。ちょっとした用事を作って顔を見せに行ったりとか、相手が良く行く店にこまめに出入りするとか、接触する回数を増やすのです。

たいした会話は交わせなくても、たびたび顔を見せるだけで、好感度は自然と高まります。メールや電話ではなく、直接顔を見せるのが効果的です。

そうやって行くうちに「よく会うね」「偶然だね」と声がかかるようになれば一歩前進。少しずつ自己開示を重ねることで、相手の心のなかにゆっくりと居場所を作っていくことができるでしょう。

タグ

2012年3月4日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:復縁

心の距離と体の距離

人と人との距離は、相手との関係によって大きく異なってきます。会社の上司との距離、親しい友人との距離、恋人や配偶者との距離、これらは全て違います。

こうした対人関係の距離について、人類学者のホールは、人は自分の周囲に4つのヒューマン・スペースを持っていると言っています。

・公的なゾーン(3.3m以上)
大衆レベル。個人的な関係はない人との距離。公的スペースにいる他人

・社会的なゾーン(1.2m~3.3m)
フォーマルレベル。親しくない知人レベル。親しくない知人レベル。上司や顔見知りなど。

・対人的ゾーン(0.6~1.2m)
プライベートレベル。手を伸ばせば届く距離。親しい友人など。

・親密ゾーン(0.6m以上)
接触レベル。心身ともに触れ合うことを許しあっている距離。恋人や夫婦。

これらは、自分を守るテリトリーのようなものでそのゾーンを許さない人がそこに入ってくると、違和感や不快感を覚えます。
たとえば朝の通勤のときの満員電車などで、見ず知らずの人が親密ゾーンに入り込んでくると、不快な気分になります。だから、他人とくっつかなくてはならない満員電車は苦痛なのです。

けれど、恋人や好きな人が相手だと、ヒューマン・スペースへの意識が働かなくなります。どんなに密接な距離にいても、不快な気持ちにならないため、抵抗感がなくなるのです。

もし仲のいい異性と、もう一歩を踏み出したいと考えているなら、試しに親密ゾーンまで近づいてみましょう。相手が違和感なく受け入れてくれたなら、その先の可能性は大いにあります。

復縁占い

タグ

2012年3月4日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:復縁

このページの先頭へ

イメージ画像