ブスほどモテるはホント?可愛くない女性の男性に好かれるコツ

どんな女性も必ず可愛いところを持っているものだと思いますが、それを顔の可愛さという点だけに絞ると、世の中のすべての人が美人だとは言えないかもしれません。

だけど、顔やスタイルなのになぜかモテている女の子って見たことありませんか?
モテる女性というのは、必ずしも美人ではないのです。
例え顔に自信がなくても、男性を振り向かせる最低限のポイントについてまとめてみました。

不満そうな態度をとらない

モテる女性は、顔が綺麗なのではありません。
気持ちがまっすぐで、顔の表情が輝いている人です。

顔に自信がないあなたは、いつもうつむいてムスっとした表情をしていませんか?
また、男性は女性の愚痴をあまり良いものだとは考えていません。

会うたびに何かへの不満を口にしているような女性は、男性から面倒くさい、対象外だと思われがちです。
今はもしかすると自分の生活に不満があるかもしれません。

でも、それを外に出すのはやめましょう。いつも毎日が楽しい、おもしろいことがたくさんある、と自分で信じるだけでも生活は変わっていくものです。

目を合わせることを意識する

目を合わせて微笑むことで、男性への印象が良くなります。

人は、何度も見かけるものに好感を抱きやすいと言われています。
繰り返し目を合わせることによって、相手の心に自分を浸透させることができます。

それって美人だからじゃ?かわいい女の子限定でしょ?
と思うかもしれませんが、そんなことはありません。
印象が大事ですので、目を合わせること、微笑むことを意識しましょう。

自分に自信をもつ

顔に自信がないからといって、あなたはダメな人間なのでしょうか。
他に自信のあることがきっとひとつはありますよね。

でしたら、まずは自分という人間を肯定的に捉えてあげてください。
自分に自信がないままでは、男性に声をかけるだけでも消極的になってしまいますね。

「私なんか」って言ったことありませんか?

その自分に対してネガティブな気持ち、鬱屈した気持ちは、どうしても外に出てきてしまいます。
何か1つ、自分で自信を持てることを見つけて、胸をはって前をみましょう。
毎日の生活の中で、いろいろなことに感謝し、自分という存在を認めていくことができれば、オーラーが徐々に変わっていくはずです。

どちらも気持ちの持ち方の問題ですので、今日から簡単に始めることができると思います。
まずは、「毎日が楽しい」「私は性格が良い」等と口に出して言ってみることから始めてみましょう!

タグ

2014年11月8日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:恋愛

復縁希望要注意!私は未練がましい女?元カレに連絡したくなる瞬間とは?

女性は過去の恋をよく覚えています。
別れて悲しい思いをしたことって、なかなか忘れられないですよね。

ですが、元カレと過ごした楽しい時間も覚えているものです。
ここでは、元カレのことを思い出しやすい瞬間をまとめてみました。

髪型やファッションを変えたとき

ベタですが、失恋したときって自分を変えたくなりませんか?
髪型とか服装など、これまでとはガラっと変えて、新しい自分に挑戦してみたくなる気持ちです。

お気に入りの自分になれたとき、ふと元カレに会いたくなります。
こんなにキレイになったと見せたくなってしまうのです。

特にフラれた場合は、今の自分なら彼が別れたことを後悔するかもと想像してしまいます。

いつか偶然出会ったとき、別れなければよかったと思わせるほどイイ女になりましょう。

彼とデートした場所に行ったとき

別れてからしばらくして、以前に彼とデートした場所へ行くと、懐かしい気持ちになりますよね。
そういえば、ここへ来た頃はラブラブだったと思い出してしまいます。

できれば過去に戻って、ここからやり直せたらと考える自分がいるのですね。
想い出の場所はいつまでも忘れないものです。

次にここへ来るときは、新しい彼と一緒に、古い想い出を塗りかえてやるという強い意志をもちましょう。

今カレとケンカしたとき

今カレと大ゲンカしたとき、泣きながら元カレのことを思い出すときがあります。
声が聴きたいし、相談もしたい。

ラブラブの時はすっかり忘れているのに、ケンカしてツライ思いをしたら元カレに会いたくなるのです。
優しい言葉をかけて欲しいと期待してしまいます。

つい電話やメールをしたくなりますが、今カレを失いたくないなら、寂しい気持ちをグッとこらえましょう。

おわりに

復縁したいなら連絡を我慢する必要があります。

冷却期間は復縁をする上で重要なのです。
あなたと相手のことを見つめなおすことができ、あなたも気づいていなかった本当の気持ちや、相手の心が離れるにいたった本当の原因を知ることができます。

普段は忘れていても、恋に悩んで落ち込んだときに限って、なぜか思い出してしまう元カレ。
あの頃は幸せだったと考えてしまいがちです。

でも、過去は過去です。
終わった恋を美化してしまうのが人間なので、元サヤに戻ったとしても上手くいくとは限りません。
それよりも今の恋に集中することのほうが大切ですね。

タグ

2014年5月18日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:恋愛

婚約カップルオススメ!病気や体調不良の時こそ彼に結婚を意識させる~看病編

とくに寒い季節は、油断しているとすぐに風邪などを引き、体調がすぐれないなんてことも多くなってきますよね。

そしてそんな時、一人暮らしの方なら一度は感じたことがあるのではないでしょうかこんな感情…
「心細い」・「寂しい…」・「孤独…」などと…
人間、体が弱っているときというのは、特にこういった負の感情に心が支配されることが多いですよね。

人の弱みに付け込むようでとても心苦しいのですが…
こんなときこそが、男性に結婚を意識してもらう大チャンスなのです。

そこで今回は「彼女を改めて大切な人だと再確認した…看病編」をお送りします。

気の利いた差し入れを持ってきてくれたとき

風邪でとても具合が悪く、買出しに行くことさえも辛い…
なんてこと、一人暮らしの方の場合は経験したことがあるのではないでしょうか。

風邪で調子の悪い彼への差し入れでお勧めなのが…
まずは、水分が摂取でき体への刺激も少ないスポーツドリンクや風邪に効く栄養ドリンク
さらに、弱った体にも優しい食料や、食欲がない彼でも栄養を補給できるゼリー状の栄養補助食品など…
ほかには、冷却シートや場合によってはドラックストアなどで買った風邪薬などを持っていくことがお勧めです。

親しい彼なら、直接買ってきてほしいものを聞くこともいいと思います。

彼女の家庭的な面が見えたとき

看病されているときに、何気ない彼女の家庭的な一面を見たときに男性は結婚を意識することが多いようです。

消化にもよく食欲のないときにでも食べれる「おかゆ」をササッと作ってくれたりですとか…
※普段料理を作らないという方も、こんな時のために美味しいおかゆの作り方を研究しておくこともおすすめです。

あとは、ずっと付き添って一晩中タオルを変えてくれたり、布団をかけなおしてくれたりなど…
弱っているときほど、人の優しさや愛情は相手に伝わりやすいようですよ。

皆さんもぜひ参考にして、彼の心をしっかり掴んでくださいね。

タグ

2014年5月10日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:恋愛

長続きする恋がしたい!彼の態度が冷たくなったときの対処法

なぜか彼からの連絡がこない。
会いたいと言ってもパスされることが多くなった。

理由が分からないだけに、この恋が終わってしまうのかと不安になりますよね。
彼が冷たい態度をとったときに、どう対処すればよいのか、ケース別にわけて考えていきましょう。

会う時間が減ったとき

誰でもその日、その時期によって心は変わっていきます。
彼があなたと、会おうとしなくなったのはいつ頃からでしょう?

いつ頃だったかを思いだしてみてください。
あなたが気づかないうちに、彼に対して良くない言動をしてしまった時期かもしれません。

彼に問い詰めたとしても、正直に理由が言えるともかぎりません。
彼自身も分からない感情なのです。
もしかしたら、あなたに小さなサインを出していたのかもしれませんよ。

ですから、気を抜かずにあなたが彼の変化に気づいておくべきだったのです。
人の心は揺らぎやすく、変化をしていくものだと理解することが大切です。

メールや電話の頻度が減ったとき

男性は居心地と安らぎを女性に求めています。
よく男性に対して「男はこうじゃなきゃダメ、もっとこうじゃなきゃダメ」とダメだしをする女性がいますよね。

味方だと思っていたあなたに、いろいろとプレッシャーをかけられると、彼も辛くなるのです。
そのうち、何でもウソでごまかすようになっていきます。

メールや電話をしない理由は、またダメ出しをされて疲れるのが怖いからでしょう。

彼と長続きさせる自信がないとき

恋愛に悩みごとは尽きませんね。
どうしていつも、彼とすぐに別れてしまうのだろうと、悩んでいる女性は多いですよ。

それはあなたが彼に「求めすぎ」だったからかもしれません。
彼があなたのことをずっと好きなはず、ダメ出しをしても大丈夫だと考えていませんでしたか?

思い返してみれば、そのようなNG行動をしていたのではないでしょうか。
自信をもつためには、あなたがしてきたことを、もう1度振り返ってみることから始めましょう。

おわりに

両想いでラブラブな時間。
それはとても貴重で、なおかつ心が揺るぎやすいときでもあります。

彼が冷たくなったというよりも、あなたが彼をそうさせたかもと、時には現実をしっかり見極めることが大切です。
交際が1年か2年くらい続いているなら、お互いをちゃんと見つめ合って、対処する努力ができているからです。
あなたも恋愛ハウツー本などを読んで、男性と女性の心理について学んでいきましょう。

タグ

2014年4月24日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:恋愛

タロットの当たる恋愛占いで恋愛運を丸裸に?ひとりぼっちにオススメの恋愛占いってなに?

恋愛占い

クリスマスもバレンタインも誕生日も一人ぼっち・・・。最近友人が綺麗になった彼氏が出来たからだ・・・でも私は休日暇で  やることさえない。
なんて人は意外に多いと思います。

恋愛はきっかけ。
恋愛はタイミング。

そのきっかけをどうつかんでいいのかわからない貴女!恋愛占いってご存知ですか?
恋愛占いなんて・・と思うかもしれませんが難しく考えずにとりあえずチャレンジしてみたいと思いませんか?

とにかく始めの一歩

何事も勇気をもって始めの一歩を踏み出すことが大事。そこから世界は広がっていくのです。
恋愛に臆病な人や不慣れな人。いきなりハードルを高く上げることはありません。まずは恋愛占いから始めてみましょう。
いろいろと気軽に話すことによって自分の世界が広がっていき少しずつ少しずつ前に進んでいけるはずです。

新しい自分をみつけようそして運の流れをかえよう

恋愛占いでは貴女の運勢を占うことで、貴女の恋愛のチャンスを見つけるお手伝いが出来ます。まずはなぜ今までいい出会いに 恵まれなかったのか過去の貴女の運勢から学んでいき現在の運を変えていきましょう。

運勢はそれを知ることによってちょっとした一押しでいい方にも悪いほうにも変わるものです。なので知るということはとても 大切。そうすることで新しい自分を手にいれ新しい出会いに巡り合えるのです。恋愛占いならそれが可能です。

的確なアドバイス

新しい出会いを見つけるためにはまず恋愛占いです。貴女に一番必要なアドバイスをもらい。自分に自信をつけましょう。
難しく考えることはないのです、親しい友人に相談するような感覚で始めてください。気持ちを楽にしてとにかく”始める”とい うことが大事なのです。

おわりに

いかがですか? 迷っていないで深く考えずに恋愛占いに相談してみませんか?
まずは何かアクションを起こすことが一番大事です!
恋を探しにいきましょう!

タグ

2014年2月14日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:恋愛

ラウンジのホステスさんに本気になってしまった同僚

会社の同僚のことです。

その彼は、20歳頃から髪の毛が薄く、趣味もオタクっぽいことから、

女性には全く縁がありませんでした。

現在、34歳です。

ですが、女性に興味が無い訳ではなく、縁があればお付き合いし、結構願望も強う方です。

私と彼は、関西の事業所から転勤で九州の事業所に引っ越して来ました。

彼は、当然独身で一人暮らしです。

前述のように、30年以上女性とは縁がなかったからでしょうか、

免疫というものが全くないようでした。

ある日、単身赴任の方と初めて、ラウンジに行きました。

お店では、ボックス席に女性がついてくれ、楽しく話してくれます。

免疫のない彼は、その女性と話して楽しかったことから、いきなり好きになってしまいました。

女性も仕事ですから、固定客がつけば、自分の歩合給もあがります。

それにまんまと彼ははまってしまったようです。

その女性から、毎日のように携帯メールでお店への誘いがあります。

そうすると、彼は、何を置いてでも、お店へ出かけてしまいます。

そうこうしているうちに、その女性の出勤日にはいつも、お店へ通うようになっていました。

そして、それは、だんだんとエスカレートして行き、同伴出勤、

アフターまでするようになっていました。

彼女の方も、それらしく想わせぶりに彼のアパートに行き、

簡単な手料理を作ったりしたことが数回あったようです。

女性に免疫のない彼は、そんなことをしてもらうと完全に自分に好意があると思い込んでしまいます。

毎日のように、同伴出勤とボトルキープにフルーツ盛り合わせと言うおきまりのパターンにはまってしまいました。

彼は、純粋に彼女のことが好きで、お金を使って通い詰めてたのです。

そしてとうとう、結婚を前提のお付き合いを申し込んでしまいました。

やはり予想通り、丁寧にお断りされてしまいました。

彼は傷つき、とても可哀想でしたが、私達は、彼女の常連客でなくなることができて良かったと安心しました。

同僚の彼は、可哀想ですが、世の中はそんなに甘いものでないことが分かり、

女性に対する免疫もちょっとはついたかなと思っています。また、多少は成長してくたかなとも。

会社の同僚のことです。

その彼は、20歳頃から、髪の毛が薄く、趣味もオタクっぽいことから、

女性には全く縁がありませんでした。現在、34歳です。

ですが、女性に興味が無い訳ではなく、縁があればお付き合いし、結構願望も強う方です。

私と彼は、関西の事業所から転勤で九州の事業所に引っ越して来ました。

彼は、当然、独身で一人暮らしです。

前述のように、30年以上、女性とは縁がなかったからでしょうか、免疫というものが全くないようでした。

ある日、単身赴任の方と初めて、ラウンジに行きました。

お店では、ボックス席に女性がついてくれ、楽しく話してくれます。

免疫のない彼は、その女性と話して楽しかったことから、いきなり好きになってしまいました。

女性も仕事ですから、固定客がつけば、自分の歩合給もあがります。

それにまんまと彼ははまってしまったようです。

その女性から、毎日のように携帯メールでお店への誘いがあります。

そうすると、彼は、何を置いてでも、お店へ出かけてしまいます。

そうこうしているうちに、その女性の出勤日にはいつも、お店へ通うようになっていました。

そして、それは、だんだんとエスカレートして行き、同伴出勤、アフターまでするようになっていました。

彼女の方も、それらしく想わせぶりに、彼のアパートに行き、

簡単な手料理を作ったりしたことが数回あったようです。

女性に免疫のない彼は、そんなことをしてもらうと完全に自分に好意があると思い込んでしまいます。

毎日のように、同伴出勤とボトルキープにフルーツ盛り合わせと言うおきまりのパターンにはまってしまいました。

彼は、純粋に彼女のことが好きで、お金を使って通い詰めてたのです。

そして、とうとう、結婚を前提のお付き合いを申し込んでしまいました。

やはり、予想通り、丁寧にお断りされてしまいました。

彼は傷つき、とても可哀想でしたが、私達は、彼女の常連客でなくなることができて良かったと安心しました。

同僚の彼は、可哀想ですが、世の中はそんなに甘いものでないことが分かり、

女性に対する免疫もちょっとはついたかなと思っています。

また、多少は成長してくたかなとも。

タグ

2014年2月9日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:恋愛

彼をドキッとさせて彼の気持ちを鷲掴みにする方法

男性にとって、ドキっとする女性の行為とは、どんなものなのでしょう。

もちろん、男性全てば同じように感じるものではありません。
ここでは、あくまでも一般的な意見を挙げてみましょう。

●さり気なく腕をつかまれる
一緒に歩いているときに、女性からふいに腕をつかまれたり、絡ませて来られると男性は優越感を感じ、「可愛いな」と思います。

●髪の毛から漂うシャンプーの香り
強い香水の香りなどには、嫌悪感を表す男性も、すれ違ったときや何気なく髪を直したとき、フワッと漂うシャンプーの香りには良い印象を持ちます。

●すれ違いざまに目が合う
通りすがりの見ず知らずの女性、つい目をそらしてしまう男性が多いようですが、心の中ではかなり喜んでいます。

●上目使いで見つめられる
同性には少々評判の悪い、「上目使いで見つめる」という行為、じつはこれが好きな男性は非常に多いです。

●大勢の集まりで声をかけられる
「すいません、名刺交換してもらえますか?」こんな一言でも、不意に言われるとドキッとします。場が場ですから、平常心を装ってはいるものの、心は舞い上がっています。

●会話中のボディータッチ
話の流れで、思わずさり気なく触れてしまった、という印象のボディータッチは男心をくすぐります。しかし、これはやり過ぎは逆効果、ベタベタし過ぎは禁物です。

●「彼女いるんですか?」
男性というのは単純な生き物です。この言葉一つで、「この子は俺に興味がある?」という気になります。相手が自分に興味を持っているかもしれない、そう思えば、自然と意識するようになるものです。

●「〇日空いてますか?」というメールタイトル
誘いや相談のメールが来ると、そのタイトルを見た瞬間に気持ちが盛り上がるのが男性というものです。特に、最近アプローチし始めた女性からのメールには、敏感に反応します。

●酔っ払って頼ってくる
酔っ払った女の子を介抱している男性は、少々めんどくさそうに見えますが、実はドキドキしているものです。

●「背中のファスナー閉めて」
女性は、嫌いな男性には触れられたくないもので、それは男性も重々承知しています。この言葉は嫌われてはいない、ということの証明のようなもの、嬉しくない男性はいません。

他にも、足を組み替える瞬間、かがんで胸元がチラっと見える、隣り合って座っていて、膝と膝が触れる、これらはもう説明はいらないでしょう。

多くの男性に聞いてみたところ、以上のような答えが得られました。
やっぱり、男って単純ですね。

タグ

2013年9月16日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:恋愛

好きなら付き合おうって言ってほしい。男が言わない本音とは?

付き合おうと言ってくれない

バイト先や職場、いつも行くお店の人など、出会いのチャンスは結構転がっているものですが、片思いから両想いになるのは大変難しいものです。

電話番号やメルアドを交換し、ふたりで遊びに行くようになってなどの過程を経て、ようやくいい感じの雰囲気なって、空気からも私に好意を持ってるなと判る瞬間がやって来ます。

そしていよいよ告白されて、こちらからも好きだと伝え・・・コレからお付き合いが始まるんだなとワクワクしていたのに、男性からの「付き合おう」の一言が無くて、宙ぶらりんな関係のままだという人は結構いるのです。

そこで、好きだと言うわりには付き合おうとは言ってくれない男性心理を考えてみましょう。

1・友達以上、恋人未満な関係が都合がいいと思っている

彼女がいると何かと自分中心の予定が立てられないし、メールや電話も定期的にしなきゃいけないと思っているのかもしれません。女性側からしたら、こんな曖昧な関係は辛いだけですが、自分の事を想ってくれる女性はキープしつつ、自分の好きなようにやっていきたいと考えている可能性があります。

告白されて、定期的に会ったりはするのに「好き」としか言わずに付き合おうの言葉を出してこない場合、あなたを手元においておきたいだけかもしれません。

2・好きだけど、付き合ってほしいまでは言わない草食系男子

勇気を振り絞って告白してみたはいいけれど、付き合って自分が幻滅されたくない、されるくらいならずっと曖昧なままの関係でいいやと思っているのかもそれませんし、本当に付き合いたいのかもはっきりしません。自分が傷つくのが怖いというパターンなら、女性の方から付き合おうと言えば、お付き合いできると思いますが、草食系の場合、告白したこと事態がうやむやになってしまうかもしれませんので、要注意です。

3・セフレとしてキープしておくつもりかも

一番男性の本音に近い関係がこれかもしれません。男の人の中には「好き」という言葉を平気で吐ける人がいます。好きではないけど、身体が好みなのでそのままの関係でいる、今付き合っている彼女はいるけど、その彼女と会えない間の代わり、つまりは2号としてキープされている可能性も・・・こういう男性は、自分の私生活は絶対に見せませんし、自分のテリトリーである自宅へもあまり寄せ付けません。連絡も都合のいい時だけで、目的が終わるとさっさと帰ってしまう・・・思い当たるところがあれば、早く手を切ってしまう事をオススメします。

最初はもどかしいだけかもしれませんが、このような関係が続けば心身供に疲れてしまいます。好きだからと思うとなかなかふんぎりがつかないとは思いますが、何らかのアクションを起こして現状を打破する必要がありますので、ちゃんと問いただしてみて、逃げられるようなら新しい恋愛に踏み切ることが大切だと思います。

タグ

2013年9月4日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:恋愛

男性に「あの子が気になる」と思わせるテクニック

みなさん、周りに「なぜか男性からモテている女性」っていませんか?
その人は自分と同じような感じなのに、その人に接している男性は嬉しそうな雰囲気で話している・・・
それを見るとつい「なんで?」と思ってしまう事もあるかも知れません。

実は、「男性からモテる女性」はちょっとした所で男心をくすぐるテクニックを使っているんです。

まず、身だしなみのポイントは「流行を取り入れつつ、派手にならない、手を抜かない」事です。
プライベートでならチョイ盛り位まではいいかもしれませんが、女性が「コレ可愛い!」と思ったままにメイクや髪を盛るのはタブーです。
チャラ男ならともかく、普通の人から見ると「ただの遊び好き女」のレッテルを貼られてしまう可能性もあります。
また、男性は細かい所もしっかりチェックしているので油断は禁物です。
手の爪先・足の爪先まで毎日のお手入れを欠かさない様にしましょう。
髪の毛を染めている人は1ヶ月から2ヶ月、最悪でも3ヶ月に一回はカラーリングをして色合いを保つ事を忘れないでください。

会話する時のポイントは「聞き上手、ほめ上手になる」という事です。
男性は「自分の話をさせてくれる人」に好感持ちやすいですし、その女性にほめられて不機嫌になる男性もいないものです。
それどころか、ほめられるとますますやる気になる人がほとんどです。
相手が話している事を遮らない様に相槌を打ち、ここぞと思ったら
「そんな事もできるんだ!」とか「すごい、頑張っているんだね!」
という風に共感しつつ男性をほめましょう。

男性に接していく時のポイントは「その気がある事を見せつつ、とらえきれない感じ」を演出することです。
その気があるというのは「好きだよ」と言葉に出すのではなく、態度や話し方で現わしましょう。
男性に「俺の事、好きなんじゃないか」と勘違いさせてしまう位、積極的にアピールします。
ですが、すぐに男性の誘いに乗らないようにします。
例えばメールを返信する時にちょっと時間を開けて返したり、誘われたからすぐに「いいよ!」というのではなく
「ごめん、その日は他の予定が入っていているから。」と相手を少し焦らすのです。
また実際に交友関係を広かったり、色々な趣味や習い事を持っておくと更に男性にとっては追う立場になるので、夢中になりやすいようです。

そして時にはアクセントとギャップも必要です。
例えばアクセントとして、普段は明るくふるまっていても実はか弱い一面もある所をチラっと、ほんの少しだけ見せてあげるんです。
こうする事によって男性の「俺が守ってあげなくては」という保護欲をくすぐります。
またこうする事によって「彼女の自分しか知らない一面を見た。」という満足感も与えられます。
また相手が思っている自分とのギャップを作る事も大事な要素です。
「あの子、こういうの苦手そう。」と思っている事をさらっと出来る、そのギャップに男性は感動して魅力的に映るんです。
また逆に「実はコレ、苦手なんだ・・・。」と相手に頼ってみるのもいいでしょう。平気に見えて実は苦手、という弱さも武器になります。

最後に大切なのが、これらを全て「自然にやる」という事です。
「ホントは計算済みですよ。」なんて、男性に決して悟られてはいけません。
とはいえ、最初から全てやろうとするとボロが出てしまう危険もありますので、あくまで自然に、ちょっとした所からやってみてください。

 

【余談】

最近、恋愛の悩みの相談を良く頂くようになりました。
ただ、心理状況はわかっても未来は見えないのですよね。私は占い師ではありませんし。
もし、未来を知りたい、ウルトラCの恋愛を叶えたい、という方には電話占いがオススメです。
対面占いよりも手軽に利用出来ますからね。

タグ

2013年3月31日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:恋愛

事故が原因で恋愛関係が変わってしまった彼女の話

皆さんこんにちは。今年も早いもので12月となり、残すところ後一ヶ月となりました。

12月はクリスマスや大晦日など、冬に向けてイベントがかなり多くなります。

今回はそんな冬のイベントシーズンにピッタリな話題を紹介したいと思います。

このサイトでは色々な復縁のおまじないや復縁方法を紹介していますが、

この記事では、復縁のタイミングがバッチリの『クリスマスに復縁する方法』などを解説しています。

復縁するなら寒い時期が良い、などといった復縁のポイントを5つ紹介していますので、

クリスマスに向けて、一度目を通してみてはいかがでしょうか。

姉は去年まで、高校時代の後輩(1つ下)と付き合っていました。

年数にして4年。

自分の周りの友人に比べると長い付き合いだったのではないかと思います。

それまでも決して暗い方ではありませんでしたが、

彼と付き合い始めてからの姉は以前に比べて少し明るくなったように見えました。

恋愛が不得手で、からかわれるのを嫌っていましたが、付き合いは順調で幸せそうでした。

2人が破局したのは、姉の幼馴染(男)が事故にあった事が間接的な原因でした。

事故の程度は大きなものではありませんでしたが、姉と幼馴染はとても仲がよかった事もあり、

事故直後は当人以上に姉が取り乱してしまいました。

「当然です。」

自分も姉を通じて交流があったので分かりますが、姉は恋愛対象としてではないものの、

幼馴染の存在に少なからず依存していた面もあった為です。

幼馴染が事故に遭い、それによって姉も精神的に不調をきたして倒れました。

姉は自分が回復後も幼馴染につきっきりになり、そんな姉に姉の恋人は自分の存在意義を考えたそうです。

安易な嫉妬ではなかったと思います。

自分は姉の恋人とも話したことがありますが、落ち着いていて、姉を信じているのがよく分かりました。

彼は結局、

「お前に必要なのは自分じゃない、このまま続けていく自信がない。」

そう言った事を告げて別れたそうです。

恋愛対象として好きだったのは当然恋人だった姉は立ち直るのに半年ほどかかりました。

その後暫くして幼馴染と付き合うようになり、今は仲良くやっているようです。

しかし、ふとしたときに現在の恋愛に対して消極的な姉がいます。

幼馴染もそれを分かっているようです。

「結局どうすることが3人にとって良い結果となったのか、自分には分かりません。」

 

タグ

2012年12月6日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:恋愛

このページの先頭へ

イメージ画像